スキーバスで快適に過ごすために

スキー場へ行く場合にはスキーバスを利用する人が多くなっていますが、スキーバスの中で快適に過ごすにはどのような準備をしたらいいでしょうか。

スキーバスは基本的に深夜出発だと6時間ぐらいかけて目的地に着くようになりますが、朝方出発だと3時間ぐらいかけて目的地に着くようになります。このうち前者の深夜出発のバスの場合は、深夜に睡眠をバスの中でとるのが普通になります。



ですが、その睡眠はどこでも眠れる人でなければ眠ることが出来ないのです。
そこで、事前にアルコールの準備をしておきましょう。

アルコールの準備をしておき、いざ眠らなくなったら一杯飲むようにすれば眠れるようになります。


次に、アイマスクです。

アイマスクは深夜の場合はあまり関係ありませんが、明け方になるとカーテンを閉めていてもまぶしく、起きてしまうことがありますので、必要になります。

スキーツアーの有益な情報を提供します。

最近は目元の疲れをとる湿気があるマスクや、乾燥を防ぐマスクも売っています。


3つ目は、耳栓を用意しておくと良いでしょう。


普段自宅では耳栓をしないで眠ることが出来る人も、バスになるとその走行音で眠れなくなってきます。
バスのエンジンは床下にありますので、そのエンジンの真上に座る場合には、音がうるさくなります。

人には聞けない珍しいYOMIURI ONLINE情報サイトをお探しの方にはこちらをご覧ください。

真上に座らなくても家で寝るよりはうるさく感じるでしょう。
そのようなときに強い味方になるのが耳栓なのです。

耳栓は安物を買うと音漏れがひどいですので、それなりの値段の物を買いましょう。